吉川晃司が間宮祥太朗の主演ドラマ「ACMA:GAME」に出演、心優しき父親役

吉川晃司が、4月7日22:00に日本テレビ系でスタートする新日曜ドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」に出演することが決定した。

「ACMA:GAME アクマゲーム」は原作をメーブ、作画を恵広史が手がけるマンガ「ACMA:GAME」をもとにしたドラマ。地位、財産、名誉、命──対戦相手からすべてを奪うことができるデスゲームに挑む人々の姿が描かれる。主人公・織田照朝を演じるのは間宮祥太朗。さらにキャストとして田中樹(SixTONES)、古川琴音、竜星涼、嵐莉菜、増田昇太(s**t kingz)らが出演する。

吉川が演じるのは照朝の父で日本有数の総合商社・織田グループ会長の織田清司。1本の古びた鍵“悪魔の鍵”を持っていた清司はそのキーを狙う謎の男によって殺害されてしまう。

吉川は愛情深き清司について「『優しい父親』という役柄に最初は少し戸惑いましたが、息子である照朝の幼少時代、少年時代を演じるお2人、妻・麗華役の女優さんに上手に演じていただいて助けられました」とコメント。また、間宮との共演を受けて「間宮君の出演する作品はいくつか観させていただいていたのですが、これまでの作品とはまた違って凄く良いなと思いました。腹が座っていてぶれないんですよ。照朝が息子としてここまで父親に正対してくるのは、想像以上に『よし!』という手応えがありました」と語っている。

「ACMA:GAME アクマゲーム」に出演する吉川晃司(左)。(c)日本テレビ [拡大]

Leave a Comment